パン作りの【ヒント】 きれいに焦げ目をつけるには?


ご自宅家でパンを焼く時にきれいに焦げ目がつかずあせあせ(飛び散る汗)
白っぽく焼きあがってしまう たらーっ(汗) ことはないですか?

ちょっとした ひらめきコツひらめき があるんですが・・・
参考にしてみてくださいね。わーい(嬉しい顔)



1 温度設定を少し高めにする。

家庭用のオーブンは熱容量が低いため、パン生地を入れると
急激に温度が低下 右斜め下することが多いです。

ですので、それを見越してあらかじめ温度設定を若干高め
に設定しておくといいですよ。

特に電気オーブンは扉を開けただけで、温度が簡単に
下がってしいます。
まずオーブンの最高の温度まで上げておいて、生地を
入れたら設定温度に戻して焼きましょう。ひらめき

オーブンによってくせがありますので、左右、上下など
を途中で入れ替えた方がいい時もありますよ。ひらめき


DSC00030.JPG


2 「リーンなパン」 は 「リッチパン」より温度設定を2〜3割高めに

パン生地に砂糖や脱脂粉乳、卵が多く含まれているリッチパン
焼き色がつきやすいですが、逆にリーンなパン生地は
焼き色がつきにくいいです。あせあせ(飛び散る汗)

ですので、リーンなパンを焼くときはリッチパンよりも
温度設定を2〜3割高めに設定しておくといいですよ。ひらめき



次項有 一日一回の ”応援クリック” お願いします



次項有 今週の ”パン作りブログ” TOP10 



posted by パン教室ママ at 22:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | パン作りの”コツ” | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。