パン作りの【ヒント】 パンを上手に冷凍保存する/老化の温度を知ろう


わーい(嬉しい顔)みなさんは残ってしまったパンはどうしてますか?

今日は保存して再び美味しく食べる方法です。ひらめきひらめきひらめき


パンは焼きあがりが最も美味しいのは
言うまでもありませんが・・・・

沢山作った時なんかは一度に食べ切れないですよね。あせあせ(飛び散る汗)
そのまま置いておくとパサパサになってしまいます。

2日以上保存するなら上手に冷凍保存すると、また美味しく
食べることができます。


ひらめき 冷凍保存する時には霜がつきやすいので、できるだけ
切り分けせずに大きいままで、隙間ができないように
ラップにくるんで冷凍しましょう。
(私は食パンなどは庫内にも入りにくいし、冷凍してから
切るのも大変なのでカットしてラップに包んでいますが・・・)

パンは冷凍庫内の臭いを大変吸収しやすいので、ラップに
包んだ後は必ずジップロック等の袋に入れておくことをお勧めします。

又、自宅でパンを焼かれた時は荒熱が取れたらすぐに
冷凍すると焼きたてのおいしさが味わえます。手(チョキ)



ひらめき 次に解凍する時のコツですが・・・・

冷凍庫から出したパンに霧吹きで水分を含ませます。
オーブンを温めておいてからアルミホイルで包んで蒸し焼きにします。
最後にアルミホイルを開いて表面を軽く焦がします

こうするとパンを乾燥させないで、美味しく食べることができますよドコモポイント



注:よくパンを冷蔵庫で保存される方がおられますが、これはパンの老化を
早めているようなもんです。ふらふら

パンは焼きあがった瞬間から老化は始まっており、老化が最も早く
進む温度は10〜−7℃です。

2〜−18℃の間が老化のスピードが緩やかになり−18℃で老化がストップします。

ですので焼き立てを瞬間冷凍できれば焼き立てが再び食べれます。

通販のパンでも冷凍されたものがご自宅に届くというのはこういうことです。

今は冷凍技術が発達していますから。

ただし天然酵母は時間がたった方が味がなじんでおいしいと
言われますね。



次項有 一日一回の ”応援クリック” お願いします



次項有 今週の ”パン作りブログ” TOP10 




ちなみに・・・・

天然酵母のパンやライ麦系のパンは味がしっかりしているので
パン粉にするとかわいいかわいい

硬くなった外側は使わずに、中身のクラムの部分を使用しましょうexclamation×2

又、パンの上にパン粉をトッピングして焼いてもおいしいですよ手(チョキ)





posted by パン教室ママ at 21:00 | Comment(1) | TrackBack(0) | パン作りの”コツ” | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
頑張って下さい!!
応援、ポチ、ポチ。
また来ますね!!!
Posted by 元塾講師中里によるアフィリで楽しく毎日が給料日 at 2009年03月13日 22:15
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。