ベーグル

ブルサンチーズを安く買えたのでベーグルを焼きました。
外はほんのり甘くて中はもちっとやわらかめ

久しぶりのプレーンベーグルおいしく焼けました
IMG_4297.JPG
posted by パン教室ママ at 00:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | パン作りの”コツ” | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

さつまいもババロワ

IMG_3753.JPG

さつまいもを裏ごしして合わせたほっくりババロワです
上はムラサキイモとチョコにしてみましたIMG_3754.JPGIMG_3756.JPG

posted by パン教室ママ at 13:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | パン作りの”コツ” | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ムールドピエール

フランス産小麦を使用した石臼挽き小麦を使って
パンを焼きました。
宵種を作ってじ〜っくり醗酵させうまみと香りを出しました。
DSC09992.JPG

シャンピニオン、タバチェなどいろいろな形に成型してみました。
DSC09993.JPG

生地は少しグレーがかった感じで思ったよりも柔らかくとってもおいしいです。

ちょうど息子の友達が親子で4組遊びに来たのでママたちにお出ししたら
あっという間になくなりました(写真の数しか焼かなかったので)

よかったわーい(嬉しい顔)

又配合変えて焼いてみたいです
posted by パン教室ママ at 00:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | パン作りの”コツ” | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

パン作りの【ヒント】 パンを上手に冷凍保存する/老化の温度を知ろう


わーい(嬉しい顔)みなさんは残ってしまったパンはどうしてますか?

今日は保存して再び美味しく食べる方法です。ひらめきひらめきひらめき


パンは焼きあがりが最も美味しいのは
言うまでもありませんが・・・・

沢山作った時なんかは一度に食べ切れないですよね。あせあせ(飛び散る汗)
そのまま置いておくとパサパサになってしまいます。

2日以上保存するなら上手に冷凍保存すると、また美味しく
食べることができます。


ひらめき 冷凍保存する時には霜がつきやすいので、できるだけ
切り分けせずに大きいままで、隙間ができないように
ラップにくるんで冷凍しましょう。
(私は食パンなどは庫内にも入りにくいし、冷凍してから
切るのも大変なのでカットしてラップに包んでいますが・・・)

パンは冷凍庫内の臭いを大変吸収しやすいので、ラップに
包んだ後は必ずジップロック等の袋に入れておくことをお勧めします。

又、自宅でパンを焼かれた時は荒熱が取れたらすぐに
冷凍すると焼きたてのおいしさが味わえます。手(チョキ)



ひらめき 次に解凍する時のコツですが・・・・

冷凍庫から出したパンに霧吹きで水分を含ませます。
オーブンを温めておいてからアルミホイルで包んで蒸し焼きにします。
最後にアルミホイルを開いて表面を軽く焦がします

こうするとパンを乾燥させないで、美味しく食べることができますよドコモポイント



注:よくパンを冷蔵庫で保存される方がおられますが、これはパンの老化を
早めているようなもんです。ふらふら

パンは焼きあがった瞬間から老化は始まっており、老化が最も早く
進む温度は10〜−7℃です。

2〜−18℃の間が老化のスピードが緩やかになり−18℃で老化がストップします。

ですので焼き立てを瞬間冷凍できれば焼き立てが再び食べれます。

通販のパンでも冷凍されたものがご自宅に届くというのはこういうことです。

今は冷凍技術が発達していますから。

ただし天然酵母は時間がたった方が味がなじんでおいしいと
言われますね。



次項有 一日一回の ”応援クリック” お願いします



次項有 今週の ”パン作りブログ” TOP10 




ちなみに・・・・

天然酵母のパンやライ麦系のパンは味がしっかりしているので
パン粉にするとかわいいかわいい

硬くなった外側は使わずに、中身のクラムの部分を使用しましょうexclamation×2

又、パンの上にパン粉をトッピングして焼いてもおいしいですよ手(チョキ)



posted by パン教室ママ at 21:00 | Comment(1) | TrackBack(0) | パン作りの”コツ” | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

パン作りの【ヒント】 きれいに焦げ目をつけるには?


ご自宅家でパンを焼く時にきれいに焦げ目がつかずあせあせ(飛び散る汗)
白っぽく焼きあがってしまう たらーっ(汗) ことはないですか?

ちょっとした ひらめきコツひらめき があるんですが・・・
参考にしてみてくださいね。わーい(嬉しい顔)



1 温度設定を少し高めにする。

家庭用のオーブンは熱容量が低いため、パン生地を入れると
急激に温度が低下 右斜め下することが多いです。

ですので、それを見越してあらかじめ温度設定を若干高め
に設定しておくといいですよ。

特に電気オーブンは扉を開けただけで、温度が簡単に
下がってしいます。
まずオーブンの最高の温度まで上げておいて、生地を
入れたら設定温度に戻して焼きましょう。ひらめき

オーブンによってくせがありますので、左右、上下など
を途中で入れ替えた方がいい時もありますよ。ひらめき


DSC00030.JPG


2 「リーンなパン」 は 「リッチパン」より温度設定を2〜3割高めに

パン生地に砂糖や脱脂粉乳、卵が多く含まれているリッチパン
焼き色がつきやすいですが、逆にリーンなパン生地は
焼き色がつきにくいいです。あせあせ(飛び散る汗)

ですので、リーンなパンを焼くときはリッチパンよりも
温度設定を2〜3割高めに設定しておくといいですよ。ひらめき



次項有 一日一回の ”応援クリック” お願いします



次項有 今週の ”パン作りブログ” TOP10 

posted by パン教室ママ at 22:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | パン作りの”コツ” | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

イギリスパン(山形食パン)

山形食パン(イギリスパン)の作り方の流れを紹介します
今回は1つはぶどうぱんにしてみました

@生地をよくこねる
捏ねあげの目標温度は26℃
今の季節は温度が上がりやすいので気をつけてexclamation×2
油脂が少ないので菓子パンほど薄く伸びません
穴が開いた所もギザギザ 指紋はうっすら透ける程度

レーズンを入れるならこのあとにexclamation

ぶどうきじ2.JPGぶどうこねあげ.JPG


A生地をまるめ発酵
この季節なら室温でもok


ぶどう発酵前1.JPGぶどう発酵前.JPG


B型に入れる
今回の山は2つにしましたが3つでもok
なるべく山の高さは同じになるようにexclamation×2

ブドウ型入れ.JPG


Cホイロは時間よりも高さを重視してexclamation
型より1cmup右斜め上
乾燥に気をつけましょう


ぶどう発酵終.JPGぶどう発酵横.JPG




D焼きあがったら必ずショックを与えましょう
カットはさめてから
ブドウ焼き.JPGぶどうカット.JPG

今回は焼減率がばっちり手(チョキ)わーい(嬉しい顔)


余ったらカットして冷凍庫へ


posted by パン教室ママ at 22:00 | Comment(0) | パン作りの”コツ” | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

陶器の人形を中に入れて焼く ”ガレット デ ロア”

DSC02224.JPGDSC02244.JPGDSC02235.JPG

1月6日の公現祭に作られる祭礼菓子です
ロアは国王の意で、「王様のガレット」で中にfaveという陶器の人形を入れて焼きます

明日お友達のお誕生日会なので、いちごの生クリームのケーキとこれを持っていく予定です

講習でもやりたかったのですが、今月はお部屋が1回しか取れなかったのと去年ブリオッシュ デ ロアをしたので又来年です

今年のfaveはちょっとおもちゃっぽくこれです(ヘリコプター)
DSC02243.JPG
posted by パン教室ママ at 15:56 | Comment(1) | パン作りの”コツ” | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大人の味! ガーリック&明太子 フランス

DSC02221.JPGDSC02220.JPGDSC02218.JPG

日々配合、焼き時間、温度を変えて研究中の毎日です

焼減率はうちのオーブンでは把握できたのですが、オーブンが変わると又違ってくるのが難点ですふらふら

今日の配合ではクラスとが薄くパリッとしています

子供がガーリックと明太子はにがいというので後からハチミツバターやプレーンで食べられるように半分はそのままで置いてあります

明太子もついに箱買いお取り寄せしてしまいました
posted by パン教室ママ at 15:54 | Comment(0) | パン作りの”コツ” | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ヨーグルト菌作りに挑戦!

ヨーグルト金.JPG
パネトーネを作るのにヨーグルトから種を起こそうとヨーグルト菌を作りました…いや、作る努力をしました

まず3日ほど待って、種を作りつないでつないで6日ほどの予定が私が風邪をひき、チョロ子は寝ず、ちびたにかいかいのすることもありなどなどでスタンバイはしていたもののなかなかできず、とうとう断念してしまいましたもうやだ〜(悲しい顔)
寒くてなかなか発酵しないのもありふらふら

又、体調がよく余裕がある時に再度チャレンジします
posted by パン教室ママ at 15:38 | Comment(0) | パン作りの”コツ” | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

メレンゲキノコだらけ〜

kinoko.jpg
ブッシュ・ド・ノエルに使用するきのこは今までの講習では「きのこの山」などでお手軽に…でやっていたのですが、今年はメレンゲで作りました
といっても講習では作れないので、作ったものを使用してもらいましたが

早めに作っておきたいのは山々…チョロ子達にじゃまされまくりでやっとメレンゲを作りオーブンに入れたのは夜中の2時ふらふら
ゆっくり低温で乾燥焼き

次の日の夜中の3時にひたすらきのこつくり
きのこだらけにちょっとわらけてきましたわーい(嬉しい顔)

ここ1週間毎日3時に寝たら3時からちょろこは1時間おきに夜泣き
昼寝もできずかなりふらふら状態ですバッド(下向き矢印)

だのにちょっとの空き時間があったら遊びに行ってしまう私ですふらふら

年末ぎりぎりまでの講習もうちょいがんばります

posted by パン教室ママ at 15:34 | Comment(0) | パン作りの”コツ” | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

白神天然酵母で秋の味を・・・

DSC01476.JPGDSC01478.JPGDSC01475.JPGDSC01477.JPG

白神天然酵母を使ってさつまいもとかぼちゃのぱんを作りました

さつまいもは生地と一緒に練りこむ予定でしたが、生地が出来上がったときまだ完全にさめていなかったので包むことにしました

さつまいもをそのまま食べたら甘かったのに、パンと合わせると味がボケて甘さがかなり足りない感じでしたふらふら

かぼちゃはほくほくで自然なあまさとこのパン生地との相性はすごくいいかんじわーい(嬉しい顔)
雑穀をトッピングして素朴さをアピールしてみました(パンプキンシードがなかったのもあるのですが)
posted by パン教室ママ at 15:24 | Comment(0) | パン作りの”コツ” | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

バーナーでファイア〜! タルト・オランジュ講習

DSC01432.JPGDSC01437.JPGDSC01434.JPG


友人と久々にケーキ講習会をしました
前日に声をかけたにもかかわらず、来てくれました
準備、予行練習がチョロ子の超ぐずぐずで昼前に始めたにもかかわらず出来上がったのは夜中ふらふら
チョロ子付き講習の予定が絶対無理とダーリンに預けました

オレンジ果汁によって予想以上にこんなにも色や酸味が変わるのにびっくりでした
バーナーでのキャラメリゼは始め皆こわ〜いと言っていたものの結構やみつきわーい(嬉しい顔)

ただ、家でやった時はちょろこも足もとにしがみついててボーっといきなり火力が強くなったりで私も心臓バクバクでしたあせあせ(飛び散る汗)
(家燃えるんじゃないかとどんっ(衝撃)
うちの家族は見向きもせずかなり自信喪失になりかけていましたが、皆は絶賛で喜んでくれてホッでした

お菓子作りがだんだんご無沙汰で私の感覚も鈍るのでありがたい講習でしたぴかぴか(新しい)
(家じゃぁ邪魔が入りまくりでかなりいい加減になってしまうのでもうやだ〜(悲しい顔)

シュクレフィレ(糸アメ)やダコワーズ、スフレもやりたいなぁ
posted by パン教室ママ at 15:19 | Comment(0) | パン作りの”コツ” | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

メレンゲが命!? のシフォンケーキ作り

夕方にゲリラ雨がよくあるこの頃ですね〜。

恐ろしく暑いしやりたいことは何もできないし、ママ雷がよく落ちる今日この頃でもあります。雷

久々にシフォンケーキを焼きましたわーい(嬉しい顔)
…というのも、今更シフォンもなぁと思いながらかなり高額の講習に行ってきました。

もちろん作り方は知っていたのですがexclamation×2

えっひらめきぴかぴか(新しい)ハートたち(複数ハート)そおなんexclamation×2という驚き、発見、感動でした
高かったけどよかったぁわーい(嬉しい顔)

即、家で実践るんるん

数回作ったけど、よっしゃぁという出来はまだまだバッド(下向き矢印)

作ろうと思っても、すぐ邪魔が入り、夜中の2時に作ったときなんか後メレンゲを合わせるだけという時にちょろこが泣きふらふら
独身の時のように集中してとうてい作れませんもうやだ〜(悲しい顔)

でもちょっと、ケーキの魅力を思い出したかも揺れるハート


シフォンと言えばやっぱりメレンゲが命exclamation×2
同じ卵の量でも砂糖を入れるタイミングの違いでこんなに差がでます
メレンゲ違い.JPG


混ぜる道具によっても砂糖のタイミングは変わってきます
鳥のくちばしみたい?
メレンゲ.JPG


焼きはプロでも見極めが難しいらしい
今まで何の気なしに焼いていたのに、この暑い中オーブンの前でにらみ合い
1回目はほんの少し目を離したら焼きすぎにもうやだ〜(悲しい顔)

焼き4.JPG

シフォンケーキは必ず逆さまに!
焼き8.JPG

プレーンとココアでも焼き上がりに違いが
焼き5.JPG焼き6.JPG


DSC00415.JPGDSC00364.JPG






posted by パン教室ママ at 13:26 | Comment(0) | パン作りの”コツ” | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

難易度大のカンパーニュ

フランスパンが焼けたら1人前!!
クープが入れれたら1人前と言われて早10年あせあせ(飛び散る汗)

やっとクープの入れ方がピンexclamation×2ひらめきときたというか
まぁ少し自己満足な”めくれ”ができましたわーい(嬉しい顔)

しか〜し、オーブンが変わると又違うのよねぇ…

いっぱい焼きたいですが、オーブンつけると暑すぎて最近は夜中に焼くことが多いですもうやだ〜(悲しい顔)

夜中にひとり汗だくです。あせあせ(飛び散る汗)



DSC00449.JPG

posted by パン教室ママ at 13:22 | Comment(0) | パン作りの”コツ” | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。